福岡市博多区祇園駅から徒歩1分。気軽に行ける格安ダイエットパーソナルトレーニングジム

トータルケアラボ

トータルケアラボ
お問い合わせ、無料体験のご予約は LINE@

トータルケアラボ ブログ

福岡博多のダイエットトレーニングVol.10 太ももは難しい

公開日:2020.01.16 | ダイエット |

福岡博多の格安パーソナルジム トータルケアラボです

ダイエットトレーニングを頑張る皆さんへ役立つ情報を発信していきます

ボディメイクや体のスタイルを考えた時に太ももは大切な要素ですよね。

脚は細いほうがいい

そう考えている女性の方は多いと思います。

でもただ細い脚っていうのはラインも作れていませんし、

ラインを作るとなると太ももってどういう種目でどういう負荷でやっていかないといけないのでしょうか??

 

目次

■よくある損する脚

■太ももをパーツで分ける

■付け根

■内側

■外側

 

 

 

■よくある損する脚

損しているなと感じる脚が2つあります

1.何もしていないと感じる細い脚

2.外側についてしまっている筋肉で太く見える脚

 

何もしていない脚って緩んで見えるんです

緩んで見える脚っていうのは必然的に太く見えてしまいます

サイズで言うと細くっても損しているように見えるんですよね

さて、もう一つ損しているなと感じる脚は

外側に筋肉がついてしまっている脚です

ダイエットトレーニングをして頑張っている人にとても多い脚ですね

スクワットを頑張ってやっている方に多いのです。

スクワットだけでトレーニングをしてしまうと太ももの外に筋肉がついてしまって太く見えてしまいます。

 

■太ももをパーツで分ける

損する脚にならないために考えておきたいことがあります。

それは太ももをパーツが考えていくことです。

太ももは種目でもそうですが3つのパーツから考えていきます。

1.付け根

2.外側

3.内側

この3つで考えていくと理想の太ももはどうやったら作れるのかを考えやすくなっていきます

理想の脚っていうのは付け根がしっかりした形を土台として持っていて、

内側と外側は引き締まっている脚が理想的だと思います。

負荷の掛け方の復習をしましょう

 

 

■付け根

付け根はしっかりと形を出したいので負荷は強めで頑張っていきます

種目としては足の付け根はランジという種目です

ランジは足の付け根のライン出しにとても有効です。

重さをしっかりとかけてトレーニングしていきましょう

10回を4セットほどしてみましょう

 

■内側

脚の最も弱くなってしまうポイントです

ここはインナーサイやアダクションなど多くの種目がありますが、引き締めをやっていきたいので重量はそんなにかけずに持久的な刺激をトレーニングで出してあげましょう

 

アダクション 20回×4セット

 

等がお勧めです

 

 

■外側

外側もスクワットを頑張りすぎるとついてしまう筋肉です

ノーマルスクワットでもいいのですが、できれば内側に刺激が入りやすいようにワイドスクワットをお勧めしています

負荷は持久的な刺激でしっかりと引き締めをしてあげましょう

 

ワイドスクワット 20回×4セットがお勧めです

 

 

 

 

タグ:, , ,

Copyright2017 © トータルケアラボ. All rights Reserved.