福岡市博多区祇園駅から徒歩1分。気軽に行ける格安ダイエットパーソナルトレーニングジム

トータルケアラボ

トータルケアラボ
お問い合わせ、無料体験のご予約は LINE

トータルケアラボ ブログ

ダイエットしたいならストレッチ

公開日:2020.10.26 | ダイエット |

おはようございます。

トレーナーの鳥飼です。

さて、今日はダイエットについても繋がってきますし、スポーツについても繋がってきます。日常生活っていうところでも繋がってくる身体の機能性のお話をしていきたいと思います。

ダイエットを考えていらっしゃる方が、このブログを読んでる方で多いようなので、簡単に言いますと、体が硬いと痩せにくいよっていうお話があります。

一つですね、体の柔軟性っていうものを考えたときに、

体が硬い方って、デメリットがあるんですよね。

何のデメリットがあると思いますか?

まず体が硬い方っていうのは、筋肉が拘縮しているケースが多いです。短縮しちゃうんですよね。

そして縮こまって血流不足不足血流が悪くなってしまう血行不良ですよね。

血行不良というものが起きてしまう。

血行不良が起きてしまうと何が起きるかっていうと、体が冷えるわけです。

ダイエットっていうのは代謝で落としていくわけなので、体が常に温まっている状態でないとなかなかうまくいきません。

そこで、体が硬い方っていうのは、血行が悪い状態ですので、

どうしてもダイエットに不向きです。

今日お話したいのはダイエットしたいなっていう方こそ

ストレッチをまず心がけてやってください

ストレッチなんですけども、動かすストレッチ等止めるストレッチ二つイメージが湧くと思います。

止めて行うストレッチというのは、体の柔軟性を向上させる目的があります。

なので、気持ち良く伸びるところですと、20秒から30秒止めるこれを毎日お風呂上がりにしていただくといいと思います。

動かすストレッチは何なんだっていうお話になると思うんですけども、動かすストレッチ、バリスティックストレッチであったりとか、ダイナミックストレッチっていう言い方をしますけれども、

スタティックストレッチ、つまり止めて行うストレッチと違って、

ダイナミックストレッチだったりバリスティックストレッチを

動かすストレッチっていうのは、可動域を増やしていくっていう効果があります。あと体を温めてあげる効果もあります。

さて、難しいお話になってきました。柔軟性と可動域、これ何が違うんでしょうね。柔軟性というのは、広い意味で二つあります。

柔軟性の中にも二つの意味があるんですね。

柔軟性と聞くとやわらかいなっていうイメージがあると思うんですけども、

可動性と弛緩性ってあるんですね。

可動性というのは、

動いたときに力が入る幅なんですよ、角度。

しかし弛緩性というのは、緩んでるだけです。

なので、新体操選手がベターと、前屈で手のひらが全部床に着きます。

と言った状態でもそれが力を込めるというところで力が入らなかったりします。

ただ柔らかいだけっていうとこですね。

この弛緩性を獲得をしていく人もいるんですけども、弛緩性を獲得してしまうと、どうしても関節がルーズになってきますし、怪我をしやすかったりしますね。

生まれつき弛緩性が強い方っていうのがいます。

もう関節も緩くて刺激深く入りにくいので筋肉痛も来にくいですっていう方もいるんですけども皆さんにやっていただきたいのは

まず、柔軟性の向上と可動性の向上と、この二つをやっていただきたいと思います。

まず、その中でもやってほしいのが柔軟性なので、止めるストレッチを多くやっていきましょうね、止めるストレッチをしていく中で、運動するときもあると思うんですよね。

運動すると聞けば準備運動として行うのは、止めるストレッチではなくてやっぱりスティック、動かすストレッチをやってほしいなと思います。

止めるストレッチを運動の前に行ってしまうと、筋肉の収縮の妨げになるんですよね。

たしかに柔軟性は上がるかもしれませんし、体も柔らかくなるかもしれないんですけども、

止めるストレッチを運動の前にしていただくと、力が入りにくくなるということがわかってます。

なので、運動の前にやるのは、できるだけアクティブなバリスティックなストレッチをしてもらうといいのかなと思います。

ダイエットの方っていうのはジムでトレーニングするのが前提だと思うんですよね。なので、チームでトレーニングをするときに、トレーニングの前に行っていただくのがバリスティック、ダイナミックなストレッチ。

トレーニングの後にしていただくストレッチっていうのは止めるストレッチ、スタティックストレッチですね、というのを意識して行うといいのかなと思います。今日はですね、

この深く考えてみると、

いろいろ奥深い、このストレッチ、そして柔軟性というものについてお話をしました。

もちろん、ダイエットをしている方にも役に立つ情報だと思いますし、スポーツをしている人とか、日常生活をもっと楽に過ごしたい方もぜひ、運動習慣、ストレッチの習慣、大事ですので、ぜひルーティン化してみてください。

さて、今日はストレッチのお話でした。いかがだったでしょうか?

タグ:, , ,

Copyright2017 © トータルケアラボ. All rights Reserved.