福岡市博多区祇園駅から徒歩1分。気軽に行ける格安ダイエットパーソナルトレーニングジム

トータルケアラボ

トータルケアラボ
お問い合わせ、無料体験のご予約は LINE

トータルケアラボ ブログ

BMAL1によって時間にダイエットは左右される?

公開日:2021.02.13 | ダイエット |

皆さんこんにちは。TotalCareLabトレーナーの鳥飼です。
今日は食べると太る時間が存在するということについて解説していこうかなと思います。

夜中食べると太るとかって言いますよね。

本当にそうだろう?って気になる方も多いと思います。

「時計遺伝子BMAL1というものがありまして、できるだけわかりやすく解説していこうかなと思います。

論文はたくさんあるんですけど、その中身をご紹介する形で進めていきます。

アメリカの米国富士通主幹医学研究バイオテクノロジーセンターからの情報です。

時計遺伝子BMAL1とは、体内時計なんです。

これが狂っってしまうと行動リズムや脂質代謝が変化します。

生活リズムがバラバラだったり崩れたりすると、脂質代謝が上手く対処されなくなるんです。
特に睡眠障害およびシフトワークは高度肥満脂質異常症に関連する罹患リスクが大幅に増加します。

夜勤シフト制の働き方などに今で言うメタボリックシンドロームが関連するというお話です。

肝臓系に加えて、膵臓分子時計は毎日のリズムを調整することが発見されましたということで、ってことはダイエットだけでなくて筋トレしてる人にも重要なファクターだってことは間違いないと思います。
骨格筋によるグルコースのインスリンによる代謝も時計遺伝子が大きく関わっているっていうことです。
グルコースの輸送やインスリンでグルコースの取り込みがBMAL1と大きく関わってるんですね。

グリコーゲンとしてうまくグルコースが貯蔵できなかったりするとエネルギーとして蓄積されないでまた脂質(内臓脂肪)になってしまいます。。

なので生活リズムの乱れが起きると、代謝不全の原因となります。

これにより2型糖尿病引き起こすリスクが大幅に上がるっていうことがわかっています。

長い目で見たときに生活リズムの乱れや、悪い生活習慣が続くと2型糖尿病のがメタボリックシンドロームになるリスクが高まります。

海外旅行や職場の時差ボケがいい例なんですが、海外行ったことある人はね、結構経験したことあると思うんですけど、

時差ぼけってどういうことなのか解説していくと、

人間が目から入った光によってまずねサイクルを感知して、
視床下部というところで情報が伝達するんですね。

そのため日中に出発して到着後も同じ日中だったときに、この時計電子は狂って時差ボケが起きるということです。
体内時計は明るい暗いでセンサーが判断してしまったりします。

視床下部は感情など様々なことをコントロールする脳の一部だと思ってもらえばいいです。
早い人であれば、1日、2日で治るんですけど、1週間ちょっとぐらいかかるの方もいます。
生活リズムを現地に矯正するのが一番手っ取り早いかなと思います。
日中出発して、日中につくのが分かると、その現地の時間に合わして、夜、夜中まで起きて、現地の夜にしっかり寝て朝を迎えるっていうことが一番です。

シフトワークによる生活リズムの乱れ、

24時間体制のコンビニ、病院、工場物流輸送業などシフト体制で働く人は夜勤で勤務します。

一部の情報によればこれら夜勤勤務者は人口の3分の1はいると言われています。

体調を崩しやすかったり情緒が安定しないことがあります。

ただし夜勤帯のみに働いて生活リズムが変動しない場合は、BMAL1は狂うことがなく正常に稼働することが分かっています。

勤務形態と冠動脈疾患による死亡リスクの関係というデータがありまして、
通常働いてる人と夜勤帯で働いている人ではそんなに差はないんです。

ただ、日勤、夜勤を繰り返していると冠動脈疾患で死亡するリスクっていうのが2.4倍ぐらい上昇します。

日勤帯や夜勤帯で働く時間っていうのが確立されていればいいんだけど、日勤夜勤で交互に働いてる人っていうのは、2.4倍が冠動脈疾患で死亡するリスクが上昇するんですね。
BMAL1の欠損したマウスに通常食と高脂質食を与え、血中の脂肪量を測った研究結果なんですが高脂肪食を食べていると血中の脂肪量が何倍にも膨れ上がっているという結果がでました。脂質代謝が出来ていないことが分かります。

体内時計が狂っってしまうというのは脂質代謝がうまくできない。

酵素NAD(ビタミンB3が変化したもの)が脂質代謝機能の調整をするのですが、重要栄養素の一つで、特に脂質の代謝に関わる栄養素だから、ビタミンB3は重要です。
体内時計は地球の自転に基づく24時間の周期で調整されているため、この体外時計のリズムに生活リズムを合わせて生活することが最も簡単で始めやすい。

決まった生活リズムで1日過ごすことが最重要です。

ビタミンB3に欠乏にならないことっていうのが大切です。

健康のためにちょっと早く寝ることを意識してみたらいいかもしれません。

ビタミンBの複合体がB1B2B6B12、パントテン酸はすごく重要です。
最後までお読みいただきありがとうございます。また違うテーマでお話しましょう。さようなら。

タグ:, , , ,

Copyright2017 © トータルケアラボ. All rights Reserved.